スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギラ・ドーガを作ろう2

今回は、前回表面を荒らしたパーツに溶きパテで鋳造表現を付けて行きます。
制作ガイド本では、チューブに入ったラッカーパテを少量のラッカーシンナーで
ペースト状にしたものを使いますが、今回は瓶入りサフを使用しています。
この瓶入りサフ、長期間放置していた為に溶剤が揮発して、程よくペースト状になっていましたので、
ラッカーパテを用意する手間が省けました。

さて作業ですが、平筆にパテを付けパーツの上に広げていくように、やや厚めに盛り付けて行きます。
盛り付けた表面が生乾きになったところで、使い古し毛先を短く切った筆で、パテを盛ったところを
叩いて凹凸をランダムに付けていきます。

胴体部分は、こんな感じになります。
IMGP0661.jpg
鋳造表現を付けないパーツは、表面処理をしてスプレーサフを吹いて、次の塗装に備えて下地の色を合わせて
おきます。

1日以上放置して乾燥させてたのち塗装に移っていきます。
まずは各パーツの縁の部分と外装パーツの裏側にブラックを吹きつけています。
IMGP0664.jpg
この次は機体色の塗装に入ります。
スポンサーサイト

ギラ・ドーガを作ろう1

店先で見ていて衝動買いした、MGギラ・ドーガの制作を始めてみました。
まずは、仮組み。外しにくそうなパーツは取りつけずに組んでみました。
DSC_0039.jpg
マッシブなプロポーションで、丸みを帯びた外装をみると、鋳造表現が似合いそうですので
鋳造表現を付ける事にしました。
まずは、外装パーツの加工
before
IMGP0653.jpg
after
IMGP0654.jpg
角ばったエッジを棒ヤスリで落とし、紙ヤスリで丸みを付け、溶きパテの食いつきを良くするために
粗めのヤスリで全面を荒らしています。
鋳造表現を付けるパーツ全てにこの加工を行い、ついでに凹モールドはパテで埋め行く作業をしていきます。
プロフィール

なにじゅう

Author:なにじゅう
船とフィギュアとガンプラを
主に作るも、
購入量が製作量を上回る為に、
日々在庫が増える
典型的な「積んどくモデラー」
現在、4年制の医療系専門学生1年生

カレンダー(月別)
10 ≪│2013/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。